ホーム>スタッフブログ>CDCペットシャンプーが保証。 その2
スタッフブログ

CDCペットシャンプーが保証。 その2

CDCペットシャンプーは、

デリケートなペットのお肌に

ダメージを与えないことを保証します。

多くの方が、

シャンプーがペットのお肌に

ダメージを与えるんじゃないかと

心配しておられます。

 

しかし、なぜ肌が赤くなったり、

痒くなってしまうのか?

多くのユーザーには、その原因が知られないままです。

 

CDCペットシャンプーを安心して使っていただくには、

原因を特定して、それをクリアしなければなりません。

 

Mt.WOOD(マウントウッド)は、

ダメージの深刻な原因を

洗浄成分の浸透として考えました。

 

シャンプーに使われている

化学的な界面活性剤の多くには浸透性があります。

 

これは、

化粧品の開発機関や皮膚科学上の多くの試験で

報告されている事実です。

 

皮膚の表面、角質層から浸透した界面活性剤は

皮膚を構成しているセラミドなどの成分を

皮膚の外に溶け出させてしまい、

健康な肌の状態を変えてしまいます。

 

溶け出す量は、

肌に触れている時間や

界面活性剤の種類によってかわり、

ダメージの症状もそれらの違いで変化します。

 

また、肌に吸着する性質ですから

皮膚に残りやすいのですが、

界面活性剤の性質はしばらく続くために

ダメージを与える働きは続いてしまいます。

 

化学的界面活性剤に対してCDCペットシャンプーは、

皮膚上で使われると皮脂などに反応して

洗剤ではなくなり、浸透力を失います。

 

また、

合成界面活性材には吸着力があるのに対し、

肌から反発する性質に変わって

保湿成分などの他、全てが洗い流されます。

 

また、

一部がグリセリンに変化して洗浄力をコントロールし、

健康に必要な水分と適度な皮脂、

常在菌までを残す働きをします。

 

以上の性質が、

ペットに使うとどのような影響を与えるのか?

 

15,000頭以上に繰り返し使用して観察した結果、

お肌が敏感な状態でも、健康体でも、

ダメージを与えないことが確認できました。

 

私たちは多くの事例を真摯に観察した結果、

CDCペットシャンプーが

お肌にダメージを与えないことを保証します。

 

 

P.P.S

CDC無料サンプルのご請求はここをクリック

飼い主様のご注文はここをクリック!

業務用商品のご注文はここをクリック!

ペットシャンプーのご注文

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mt-wood.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/95

5つの秘密りたい・・・
まずは無料サンプルから !!

臭い・かゆみ・フケ・お耳ケアと

400mlのサンプル容量では

ダメだしされたことがありません!

試してみたい理由を書くと
サンプル内容
サンプル内容
オーナーさんとペットが喜んで、トリミングで得する秘密
無料レポート、CDCの使い方
お試しサンプルのお申込み・お問い合せはこちら

お電話・FAXでも受付ております

FAX注文用紙はこちらから

tel. 0826-72-2800
fax. 0826-72-2808

お知らせ

新着ブログ


ペットシャンプーの通販【Mt.WOOD CDCペットシャンプー】

無添加ペットシャンプーをお探しなら、CDCペットシャンプーをご利用ください。 CDCは安全で洗浄力の高い犬シャンプーです。 愛犬の臭いや皮膚・肌トラブルにお悩みの方は、無料サンプルをご用意しておりますので、まずはそちらからぜひお試しください。 汚れを短時間で落とし、いい匂いでふわっとしたスタイルをキープ、皮膚病の予防をする無添加シャンプー「CDCペットシャンプー」はリピート買いする方続出です。 飼い主様向けの商品はもちろん、プロトリマー向けに業務用もご用意致しております。 お気軽にお問合せください。